借金相談/債務整理

債務整理の無料相談するべき【法律事務所6選】

債務整理無料相談口コミ評判

借金が多過ぎて返済できない!債務整理をしたら楽になるの?
今、日本では成人の5人に1人が消費者金融で借金をしていると言われていて、さらに借金返済が滞ったり借金の問題を抱えている人は非常に多くいます。

借金をしている人で返済に困り『債務整理』を検討している人もたくさんいます。
この記事では債務整理とは何か?債務整理の無料相談ができる法律事務所を厳選してご紹介しています。
債務整理を検討している方はぜひ参考にして下さい。

記事の内容
  1. 債務整理とは
    1. 任意整理とは?
    2. 個人再生とは?
    3. 自己破産とは?
    4. 特定調停とは?
    5. どの債務整理が良い?最適な債務整理方法は?
  2. 債務整理無料相談の法律事務所6選
    1. グリーン司法書士の債務整理相談
    2. 借金減額シミュレーター
    3. 借金お悩み相談ナビ
    4. アース司法書士事務所
    5. 弁護士法人イストワール法律事務所
    6. 司法書士法人杉山事務所
  3. 借金相談、債務整理の相談は1日でも早く
  4. 債務整理のメリットデメリット
    1. 任意整理のメリット、デメリット
    2. 個人再生のメリット、デメリット
    3. 自己破産のメリット、デメリット
  5. 債務整理と過払金について
  6. 債務整理はネット相談が人気でおすすめ
  7. 債務整理した人の口コミ評判
  8. クレジットカードと債務整理の関係
    1. リボ払いが債務整理の原因になる理由
    2. 債務整理するとクレジットカードをつくれなくなる?
  9. 債務整理をする時の料金費用は?
    1. 債務整理の料金の支払いについて
  10. 債務整理はおすすめできる?
  11. 債務整理と住宅ローンについて
  12. 債務整理するとブラックリストに入る?
    1. ブラックリストに登録されるとどうなるの?
    2. ブラックリストから自分の名前の登録を削除する方法
    3. ブラックリストに乗ったらキャッシュカードは持てる?
    4. ブラックリストに登録されたら家族に影響はある?
    5. ブラックリストに登録された場合、就職への影響は?
  13. 債務整理中(ブラックリストに登録)に借金、キャッシングは利用できる?
    1. 債務整理をしてもお金を借りれる?
    2. 闇金には絶対手を出したらダメ

債務整理とは

債務整理とは

債務整理とは借金問題を合法的に救済するための制度です。
債務整理をすることで借金地獄から抜け出し、新たな生活を手に入れることが可能です。

債務整理にも種類はいろいろ

●任意整理
●個人再生
●自己破産
●特定調停など

任意整理とは?

任意整理は消費者金融やカードローンなどの債権者と交渉し、双方合意の上で返済計画の変更を行う方法です。
具体的には利息を減額し、元金を長期的に小額ずつ返済するようにします。

個人再生とは?

個人再生とは裁判所を介して現在抱えている借金を1/5〜1/10などに減額をし、原則3年で返済する方法です。
返済期間は場合によって5年にすることも可能です。

自己破産とは?

借金の返済が不可能だと裁判所に認めてもらい「借金を返済しなくて良い」という決定をもらう方法です。
自己破産をすれば、借金(元金、利息とも)は全てゼロにすることができます。

特定調停とは?

特定調停とは、債権者との交渉に裁判所に仲介を依頼し、返済方法の変更を求めることができる方法です。
無理のない返済方法が可能になります。

どの債務整理が良い?最適な債務整理方法は?

このように債務整理にもいろいろな種類があります。
そうなると「どの債務整理が自分に適しているのかな?」と分からなくなりますよね。
そんな時にこそ、法律事務所に相談をすることをオススメします。

債務整理のプロに相談をすることで、あなたが「一番損をせずに得する」債務整理方法を提案してくれます。
実際に債務整理をする、しない、はまずは無料相談をしてから検討するようにしましょう。
どんな方法が良いのか、実際に債務整理できるのか、などを確認せずに悩んでいても仕方ないですからね。
まずは債務整理のプロ、法律事務所に気軽に相談をするようにしましょう。
ひとりで悩むのは本当に危険ですよ。

債務整理無料相談の法律事務所6選

債務整理の無料相談で口コミ評判で人気がありおすすめされている法律事務所を厳選してご紹介します。
ひとりで悩まずにまずは法律事務所に無料で相談してみましょう。

グリーン司法書士の債務整理相談

グリーン司法書士

グリーン司法書士は大阪にある司法書士事務所で債務整理の相談を多く扱っている司法書士事務所です。
満足度98.3%、無料、匿名で借金が減額できるかどうかすぐに確認することができます。
もちろん、無料相談で債務整理の方法なども詳しく教えてもらえます。
まずは公式サイトからかんたん10秒チェックを試してみましょう。(無料、匿名)fv

事務所名 グリーン司法書士
所在地 大阪市中央区高麗橋四丁目5番2号
高麗橋ウエストビル2階
公式サイト https://green-osaka.net/lp/

借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーターはいくつかの質問に回答するだけで、あなたの借金がいくら減額できるか調査をして教えてもらえる人気のシミュレーターです。
いきなり法律事務所に相談するのはちょっと抵抗がある…という方はこの無料シミュレーターで気軽に調べてみることをオススメします。

事務所名 借金解決ゼミナール
所在地 大阪府大阪市中央区内本町1-2-13
ばんらいビル9階
公式サイト https://www.shakkin-kaiketsu-seminar.com/

借金お悩み相談ナビ

借金お悩み相談ナビ アドバンス

借金お悩み相談ナビは弁護士法人アドバンスが運営する借金チャット相談です。
チャット形式でいくつかの質問に回答するだけなので気軽に試すことができます。

事務所名 弁護士法人アドバンス
所在地 東京都千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館10F
公式サイト http://advance-lpc.jp/

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

アース司法書士法人は24時間365日無料相談メールに対応してくれます。
全国対応可能で出張面談もしてくれる、低料金で人気がある借金相談の法律事務所です。

事務所名 アース司法書士法人
所在地 大阪府大阪市北区紅梅町1-7
久幸ビル4階
公式サイト https://www.earth-shiho.com/

弁護士法人イストワール法律事務所

弁護士法人イストワール法律事務所

イストワール法律事務所は全国対応していて、元金融業者のスタッフさんが債権者と交渉してくれます。
相談者が損をしないように計算をしてくれる、債務整理問題に特化した法律事務所です。

事務所名 弁護士法人イストワール法律事務所
所在地 東京都千代田区平河町2-4-13
ノーブルコート平河町4F
公式サイト https://liability.jp/

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所

杉山事務所は月間3,000件以上、Web相談の申し込みがある人気の債務整理相談事務所です。
電話よりも相談しやすいフォーム形式になっているので気軽に無料相談してみましょう。

事務所名 司法書士法人杉山事務所
所在地 大阪市中央区難波2丁目3番7号
南海難波御堂筋ウエスト8階
公式サイト https://hom.adebtt.info/sugiyama_a/

 

  1. 債務整理とは
    1. 任意整理とは?
    2. 個人再生とは?
    3. 自己破産とは?
    4. 特定調停とは?
    5. どの債務整理が良い?最適な債務整理方法は?
  2. 債務整理無料相談の法律事務所6選
    1. グリーン司法書士の債務整理相談
    2. 借金減額シミュレーター
    3. 借金お悩み相談ナビ
    4. アース司法書士事務所
    5. 弁護士法人イストワール法律事務所
    6. 司法書士法人杉山事務所
  3. 借金相談、債務整理の相談は1日でも早く
  4. 債務整理のメリットデメリット
    1. 任意整理のメリット、デメリット
    2. 個人再生のメリット、デメリット
    3. 自己破産のメリット、デメリット
  5. 債務整理と過払金について
  6. 債務整理はネット相談が人気でおすすめ
  7. 債務整理した人の口コミ評判
  8. クレジットカードと債務整理の関係
    1. リボ払いが債務整理の原因になる理由
    2. 債務整理するとクレジットカードをつくれなくなる?
  9. 債務整理をする時の料金費用は?
    1. 債務整理の料金の支払いについて
  10. 債務整理はおすすめできる?
  11. 債務整理と住宅ローンについて
  12. 債務整理するとブラックリストに入る?
    1. ブラックリストに登録されるとどうなるの?
    2. ブラックリストから自分の名前の登録を削除する方法
    3. ブラックリストに乗ったらキャッシュカードは持てる?
    4. ブラックリストに登録されたら家族に影響はある?
    5. ブラックリストに登録された場合、就職への影響は?
  13. 債務整理中(ブラックリストに登録)に借金、キャッシングは利用できる?
    1. 債務整理をしてもお金を借りれる?
    2. 闇金には絶対手を出したらダメ

借金相談、債務整理の相談は1日でも早く

借金相談債務整理相談

借金というのは1日1日増え続けるものです。
利息がありますので、毎日借金は増え続けています。
「あのタイミングで相談をしておけば良かった」
と後悔しないように、借金のある方、債務整理を検討している方は今すぐ無料で相談しましょう。

債務整理をするかどうか決めてない…
という方でも今すぐ相談してください。
債務整理をするかどうかは、まずは無料相談をして話を聞いてからゆっくり検討すれば良いのです。
まずは「債務整理という方法がある」ということを知ることが重要です。

【重要】借金は毎日増えています。『まずは今すぐ無料相談』

債務整理のメリットデメリット

債務整理のメリットデメリット

債務整理をすることはメリットだけではなくデメリットもあります。
メリットとデメリットをしっかりと理解した上で債務整理を検討するようにしましょう。

任意整理のメリット、デメリット

■任意整理のメリット

  • 将来利息がカットされ、元本のみの返済も可能になる
  • 過払金があれば元本を減らすことも可能
  • 事情によって特定の借入先のみ交渉の対象にできる
  • 保証人に迷惑をかけることがない
  • 家や車などの資産を手放す必要がない
  • 借金の理由は問われない
  • 家族や会社に知られることがほぼない

■任意整理のデメリット

  • 信用情報機関に5年間掲載され、期間中は新たな借入ができない
  • 減額の範囲が将来利息や遅延損害金が対象なので大幅な減額にはならない

個人再生のメリット、デメリット

■個人再生のメリット

  • 借金元金を1/5〜1/10程度減額が可能
  • 借金の理由を問われない
  • 家や車などの資産を手放す必要がない
  • 資格や職業の制限がない
  • 強制執行による差し押さえの停止ができる

■個人再生のデメリット

  • 信用情報機関に5〜10年間掲載され、期間中は新たな借入ができない
  • 保証人、連帯保証人に借金の支払い義務が移る
  • 手続きが複雑で時間がかかる

自己破産のメリット、デメリット

■自己破産のメリット

  • 原則借金の返済義務が無くなる
  • 主婦やフリーター、無職でも活用できる

■自己破産のデメリット

  • 信用情報機関に5〜10年間掲載され、期間中は新たな借入ができない
  • 一定以上の価値のある財産が処分される
  • 手続き中は職業や資格に制限ができる
  • 保証人、連帯保証人に借金の支払い義務が移る

債務整理と過払金について

債務整理と過払金

借金の問題解決としてイメージされやすいのが「過払金」ですよね。
過払金とは消費者金融やカードローン、クレジットカード会社などに対して払い過ぎた利息の返還を求めることを言います。

払い過ぎた利息=違法に取られたお金、となりますので借金の減額を目的とする債務整理とは異なります。
ただ、債務整理をする過程で過払金があることが分かり、その分の金額を借金返済に充てることも可能です。
また、よく質問のある過払金が発生している可能性があるのは以下のような場合です。

過払金がある可能性がある

●2010年6月17日より前から借金をしている
●借金を返済、または完済してから10年以内
●年20.0%以上の金利で借入をした

自分に過払金があるかどうか分からない…という人は無料相談すればすぐに確認してもらえます。
もし過払金があれば、返金してもらえます。
間違っていても、勘違いしていも構いません。
「もしかして戻ってくるかも?」と年のため無料相談で確認する様にしましょう。

債務整理はネット相談が人気でおすすめ

借金や債務整理の相談はネットで気軽に債務整理は弁護士や司法書士など、法的に手続きができる資格が必要です。
そのため債務整理の無料相談を依頼する時は弁護士や司法書士に相談することになるのですが、いきなり法律事務所に相談に行ったり、電話で問い合わせるのは抵抗がある人も多いと思います。

そんな時にこそ、ネットを活用しましょう。
専用のページから問い合わせやシミュレーターを使うことで、直接話をせずに債務整理のことが気軽に分かります。

多重債務についての相談窓口金融庁
借金・貸付法テラス
借金等に関する法律相談弁護士会の法律相談センター

借金の相談、債務整理の相談は他人に気軽に話せる内容ではありません。
しかし、とっても重要なことであることは間違いありません。
放って置いたら苦しむのはあなた自身です。
借金に悩んでいる、どうしたらいいか分からない、なにか良い方法はないか…
借金や債務整理に関することならどんなことでも大丈夫なので、ひとりで悩まずに法律のプロに相談するようにしましょう。
そして、法律のプロからアドバイスを頂いてから、実際に債務整理をするのかしないのかをゆっくり検討すればいいのです。

債務整理した人の口コミ評判

弟から一度相談してみたらどう?と提案され、無料相談しました。
結果、いくつかの債務整理の方法を提案してもらえ、債務整理をする決意ができました。
債務整理後はどうなるのか不安でしたが、借金の悩みもなくなり不安から解放されました。

https://money-cardloan.com/mobit/

テレビのCMなどで過払金というものがあることは知っていましたが、自分とは関係がないと思っていました。
けど、とりあえず相談してみたら過払金があることが分かり、大幅に借金が減り、今まで苦しんでいたことが嘘のように楽になりました。

https://money-cardloan.com/promise/

誰にも借金の悩みを相談できずにいましたが、シミュレーターならと気軽に試してみました。
すると大幅に借金を減額することができることをしり、司法書士さんのサポートで借金減額できました。

https://money-cardloan.com/promise-manga/

私の借金の理由がギャンブルだったため、債務整理はできないものと思い込んでいました。
しかし同じギャンブルで借金をしていた友人が債務整理できたという話を聞いて相談すると、私も債務整理ができることを知って実施しました。
親身に相談に乗ってもらえて終始安心して取引ができました。

https://money-cardloan.com/mobit-anime/

最初はシミュレーターで試してみました。
シミュレーターで借金がどれだけ減額できるかを知って、そんなに減額できるならと相談しました。
結果、大幅に借金が減ってストレスだらけの毎日、借金のことばかり考える毎日から解放sれた「普通の生活」を送れるようにになりました。

クレジットカードと債務整理の関係

債務整理クレジットカード

クレジットカードは多くの人が利用していますよね。
現金がなくてもクレジットカードを使えばなんでも買えますし、支払いはクレジットカード支払い日になるので今現金がなくてもいつでも欲しい物を購入ができます。
とても便利なので今ではほとんどの人が利用していると思います。

しかし、このクレジットカードが原因で債務整理することになる人もたくさんいます。
クレジットカードが原因で債務整理にまでなるのは「リボ払い」が原因と言われています。
リボ払いとは、毎月決まった金額を支払う方法です。
なぜこのリボ払いが原因で債務整理することになるのでしょうか。

リボ払いが債務整理の原因になる理由

リボ払いが債務整理になる原因は大きく分けて2つあります。

ひとつは、毎月定額払いなので負担が少ないと思い多く利用してしまうことです。
毎月5千円だったとしても何回も重ねると毎月の支払いが5万円になることだってあります。
そして毎月定額なので支払い期間が長期間になってしまいます。
そのため、日を追うごとに支払い金額が増えて生活の負担になってしまうのです。
結果的に生活の負担が厳しくなり最終的に債務整理するまでになってしまうのです。

そしてもうひとつが利息が原因になる債務整理です。
リボ払いはとても便利な仕組みではありますが、実は利息がとても高いのです。
リボ払いの利息は15%というものも多く、この利息はキャッシングでお金を借りた時の利息と同じくらいの利息です。
つまりリボ払いはキャッシングでお金を借りて利息を払い続けることと同じなので元金が減らず利息ばかり払うことになり最終的に生活に大きな影響を受けて債務整理しなければいけない状態にまでなってしまうのです。

債務整理するとクレジットカードをつくれなくなる?

「債務整理をするとクレジットカードを作れなくなる」という話を聞いたことがあると思います。
確かに債務整理の直後はクレジットカードがつくれなくなります。
しかし、ずっとクレジットカードがつくれないわけではありません。

クレジットカードがつくれなくなる原因は「信用情報」が大きく影響してきます。
債務整理をすると個人信用情報機関に登録されることになります。
この個人信用情報機関に登録されるとクレジットカードをつくれなくなってしまいます。
個人信用情報機関は「CIC」「JICC」「KSC」があり、機関によって債務整理後の登録機関が異なります。

この個人信用情報機関への登録は一定期間を過ぎれば抹消されます。
個人信用情報機関への登録が抹消されれば、新たにクレジットカードを作成することができるようになります。

任意整理 個人再生 自己破産
CIC 5年間 5年間 5年間
JICC 5年間 5年間 5年間
KSC 5年間 10年間 10年間

クレジットカードをつくれなくると、不便を感じることもたまにありますが、クレジットカードがないからと言って生活できないわけではありません。
クレジットカードがなくても現金で支払いをすれば良いだけですから。

クレジットカードが原因で債務整理になることもありますので、クレジットカードが原因で債務整理をした方は、クレジットカードを持たない、というのもひとつの回避方法だと思います。

債務整理をする時の料金費用は?

債務整理をしようと思うと気になるのが債務整理を依頼した時の費用ですよね。
お金がないから債務整理をするのに、債務整理をするのもお金がかかるなら債務整理できないのでは心配になると思います。
そこで、債務整理にかかる費用と支払い方法について説明します。

任意整理にかかる料金費用

費用名 内容 料金
着手金 依頼時に発生 約2〜5万円
報酬金 交渉終了時に発生 約2〜5万円
減額報酬 減額成功時に発生 減額分の約10%

個人再生にかかる料金費用

支払先 内容 料金
弁護士費用 着手金・報酬 約50万円
裁判所費用 予納金・手数料など 約20万円

自己破産にかかる料金費用

支払先 内容 料金
法律事務所 着手金・報酬 約30〜50万円
裁判所 予納金・手数料など 約3〜30万円

債務整理の料金の支払いについて

債務整理をする時には上記の料金が必要になります。
つまり、借金返済で困って苦しんでいるから債務整理をするのに、その債務整理をするのにもお金が必要と言うことです。
お金に困っているのにこんなに料金を支払うことはできない、と思う人も多いと思いますが安心してください。

まず、債務整理の手続きを始めると債権者からの督促がなくなり、返済が一時的にストップします。
つまり借金の返済がそこからストップしますので、これまで借金の返済に充てていたお金をそのまま貯めることができるのでそのお金を債務整理の料金の支払いに使うことができます。

また法律事務所では債務整理をする人がお金に困っていることを十分に理解しています。
そのため債務整理にかかる料金を分割にしてくれたり、後からの支払いにしてくれるなどの相談に応じてもらうことも可能です。

もし債務整理をするお金が準備できなかったとしても、いろいろな方法がありますのでひとりで悩まずに法律の専門家に一度相談してみましょう。

債務整理はおすすめできる?

最終的に債務整理を行うかどうかはあなたの判断次第になりますが、重要なのは「債務整理という方法がある」ということと、もし債務整理をするとしたら「どんな債務整理が最適な方法なのか」を知ることです。
債務性をする、しないは別として、まずはどんな債務整理の方法があるのか法律家に相談することをオススメします。

このような人に債務整理をおすすめします

●借金返済が辛く毎月生活に余裕がない
●毎月返済をすることで日常生活に支障が出ている
●借金の総額を把握出来ていない
●借金の完済がいつになるのか把握できていない
●借金のストレスで精神的にまいっている

もしあなたが今、借金が原因で毎月の生活に支障が出ているのであれば、それは問題です。
放っておいて勝手に解決できる問題ではありません。
法律の専門家に最適な債務整理の方法を教えてもらい「普通の日常」を送れる状況に戻すことが大切です。

借金の総額がいくらになっているのか把握できていない、借金の完済がいつになるのか把握できていない、と言う人は危険です。
自分自身がいくらの借金があり、今のペースで返済を続けていけばいつ借金が完済できるのか、ということは当然理解しておかなければいけないことです。
その理解ができていないほど、借金のことを把握できなくなっているのであれば、危険信号です。
借金の相談についてしっかり法律の専門家に相談をしましょう。

最後に借金の総額、利息、完済する日などではなく、もう完全に借金のことばかり考える毎日になっていてストレスで常にイライラしている、不安な日々が続いているという状況であれば、もう精神的に限界になっている可能性が高いです。
命より大切なお金なんてこの世に存在しません。
ストレスを溜め込んでしまえば身体的にも大きな悪影響を及ぼすことになります。
すぐにでも法律の専門家に相談をして、借金の整理をし「普通の日常」を送れるようにリセットすることをオススメします。

債務整理と住宅ローンについて

債務整理と住宅ローン

債務整理をした場合、住宅ローンはどうなるのか気になる人も多いと思います。
これは債務整理の方法によって変わってきます。

例えば任意整理の場合であれば、資産の処分は必要ありません。
つまり家を手放す必要はなくなります。
ただ、家が残ると言うことは住宅ローンの支払いは続ける必要があります。
住宅ローン以外の借金は利息カットなどが可能になりますが、家を残す場合は住宅ローンはそのまま支払い続ける必要があります。

自己破産をした場合は、資産の処分が必要になります。
車や家などは処分対象になりますので、失うことになります。
しかし家を処分することになるので、住宅ローンも整理することが可能です。
住宅ローンも返済不可という裁判所から許可を得ることができれば、借金、住宅ローンともにゼロにすることが可能になります。

債務整理をすれば家を失う、と心配される方も多いと思いますが家を残して債務整理をすることも可能です。
どのような債務整理があなたにとって最適なのか法律の専門家に相談することをおすすめします。

債務整理するとブラックリストに入る?

クレジットカードの項目でも説明しましたが、債務整理をすると個人信用情報機関に登録されることになり、いわゆるブラックリストに登録されることになります。

銀行、信販会社、消費者金融などは、それぞれ個人信用情報機関に加盟していますので、個人信用情報機関に登録されるとその情報は各金融機関で共有されます。
ローンや借金などの申し込みがあった場合は、この個人信用情報機関に問い合わせを行い、申し込みを許可するかどうかを決定しています。

ブラックリストに登録されるとどうなるの?

ブラックリストに登録されると金融機関から融資を受けることはできなくなります。
また、分割での購入や住宅ローンも断られてしまいます。

そのほかにも家賃や光熱費、ガソリン代などをクレジットカードで支払っている場合も、クレジットカードの利用ができなくなりますのでその都度現金で支払わなければならなくなります。

ブラックリストから自分の名前の登録を削除する方法

ブラックリスト、個人信用情報機関に一度登録されてしまうと、自分の名前を削除する方法は残念ながらありません。
ブラックリストは金融業者が連携して自主的につくられたもので、金融事故があったという事実を抹消することはできないのです。
ブラックリストから自分の名前の登録を削除するためには、一定期間(約5年と言われています)経たないと削除されることはありません。

ブラックリストに乗ったらキャッシュカードは持てる?

例えブラックリストに登録されたとしても銀行のキャッシュカードを持つことは可能です。
銀行のキャッシュカードは借金ではなく、預けているお金を引き出すことに利用するためです。
しかし、クレジットカードと連携している銀行のキャッシュカードは持つことができません。

ブラックリストに登録されたら家族に影響はある?

ブラックリストの登録はあくまで各人だけの情報が登録されます。
そのため、例えば妻、子供には関係はありません。

ただ、同じ住所、同じ苗字ということで金融業者が不正な方法で関連情報を検索し、融資を断るということはありえない話ではありません。
一般的には本人がブラックリストに登録されたからといって家族に影響があるわけではありませんので安心してください。

また、家族の就職などにも影響はありません。
ただ噂によると、家族にブラックリスト登録者がいた場合、金融機関への就職は出来ないという話もあります。

ブラックリストに登録された場合、就職への影響は?

金融業以外の企業がブラックリストに登録されているかどうかを確認する方法はありません。
また調べようとすること自体、信用情報の不正利用なので禁止されています。
ただし金融機関への就職はできないという噂があります。

基本的にはブラックリストに登録されたからといって本人の就職に悪影響が出ることはありませんので安心してください。

債務整理中(ブラックリストに登録)に借金、キャッシングは利用できる?

基本的に債務整理をすると新たな借金、キャッシング、カードローンの利用は出来なくなります。
それは個人信用情報機関に登録されてしまうので、個人の信用情報を共有している金融機関では新たな借入審査でNGになってしまうからです。

債務整理をしてもお金を借りれる?

しかし、絶対にどこからもお金を借りることはできない、というわけでもありません。
ブラックリストに登録されて借金ができなくなるのは、信用情報機関に加盟している金融機関だけです。

中小の貸金業者であれば、信用情報機関に加盟していない場合があり、その場合は問題なくお金を借りることができます。
また、信用情報機関に加盟している中小の貸金業者であっても、ブラックリストに登録されていることを把握していてもお金を貸してくれるケースもあります。

しかし、そのような中小の貸金業者を利用する時には注意が必要です。
ブラックリストに登録されている人にお金を貸すと言うことは、通常の融資よりもリスクの高い融資になるため、金利が高い場合がほとんどです。
また、そのような中小の貸金業者の場合、滞納時の督促が厳しいことでも有名です。

債務整理をして、ブラックリストに登録されていても、探せばお金を貸してくれる金融業者はあると思いますがリスクが高くなるのでオススメはできません。

闇金には絶対手を出したらダメ

債務整理中、ブラックリストに登録されていても、どうしてもお金が必要になることがあるかもしれません。
ただ、どんな時であっても闇金から借金をすることだけは絶対にやめてください。

闇金業者は「ブラックOK」「審査なし」などの甘い謳い文句でお金を貸そうとしてきます。
しかし闇金は法律で定められている上限利息を無視して異常に高い金利でお金を貸してきます。
また裁量規制という年収の3分の1以上の借入はできないという法律を無視して貸し付けてくることもあります。

そのような条件でお金を借りてしまったら、ほとんどの場合返済が出来なくなります。
闇金業者は厳しい取り立て、督促をしてきますし、家族への影響も十分にあり得ます。

どんな状況であっても闇金に手を出してはいけません。
どうしても困った場合は、市役所などの行政機関に相談しましょう。

新着コラム