保険

個人年金(外貨建)のリアルな話

PR:マニュライフ生命保険株式会社

今回、私は外貨建の個人年金を契約しました。
なぜ個人年金を契約したのか、なぜ外貨建にしたのか、について解説したいと思います。
個人年金を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

なぜ個人年金はじめようと思ったか

個人年金を始めた理由

私が個人年金を始めようと思ったきっかけは同僚との何気ない会話からでした。
同期入社し、同じ40歳の同僚がいるのですが最近部署が近くなり久しぶりに会うようになりました。
ふと「老後の話」になったのですが、同僚が、

老後のことなんて知らないよ。笑
普通にゆっくり生活してるでしょ。笑
もう俺たち40歳だぞ?
そんな無計画でのんきで大丈夫かよー。笑
もう俺たちも『大人』なんだから将来のこととかしっかり計画立てて備えておかないと大変なことになるぞー。笑

なんて笑っていたのですが…
その日の帰りに、

(え…けど、そういえば俺も何も計画なんてしないな…)

と思ったんです。

ちょっと待てよ…
老後ってどうやって生活しているんだろう…
年金で本当に生活できるのかな…

急に不安になり、老後のことや年金のことを調べるようになりました。

大きなニュースにもなったこの話題…

老後、年金のことなんてまだまだ自分には無関係だと思っていましたが、老後に年金だけでは生活できず「2000万円の資金」がないと生活できないということを知りました。

そういえば最近、警備員やコンビニでも高齢者の人が働いているのをよく見かけるようになったな…
働かないと生活できないのか…
もしかして、俺も老後働かないと生活できないようになるんじゃ…
けど、もし高齢になった時、働けない身体になってしまっていたら…

怖くなってすぐに「自分がもらえる公的年金」について調べてみました。
すると…

公的年金財政状況報告によると、2019年度の平均の年金額は『14万円』らしいです。

え…たった14万円??
それで生活できるのか??

しかも、なんと…
平均年金額は毎年減り続けていて…

2000年と比較して平均の年金額が3万円も減っているんです‼︎

つまり、現在40歳の私が年金をもらう65歳になる25年後には、現在の14万円よりさらに減っている可能性が極めて高いんです‼︎

もしかして10万円とかになっているんじゃ…

調べてみると老後にゆとりのある生活をするには毎月35万円が必要と言われているようです。
つまり、私がもらえる年金10万円(憶測)だったら、ゆとりのある生活どころか、普通の生活すらできないのでは…

この『現実』を知って私はこう考えました。

✔︎ 私が老後もらえる年金はおそらく10万円程度しかない
✔︎ 公的年金だけで生活をするのは現実的ではない
✔︎ 2000万円の老後資金を今から貯めるのは現実的ではない
✔︎ 微々たる貯金では賄えるようなものではない

「今すぐ」にでも安心するためにお金を運用するしかない!

けど、私は今まで投資なんて考えたこともなく「お金の運用」なんて知識も経験もありません。
素人が急に投資を始めて破産…なんてニュースもよくみていたので恐怖しかありません。
今から投資の勉強をする時間も余裕もありません。

けど、資産運用をすぐにでも始めないと「手遅れ」になる

そんな時に「個人年金」というものがあることを知りました。
老後資金2000万円問題から、この個人年金を始める人が急増しているようでした。

個人年金とは?

個人年金とは

そもそも個人年金ってなに?
毎月払ってる年金、公的年金となにがちがうの?
という方のために、かんたんに個人年金について解説します。

個人年金とは、会社で支払っている厚生年金とは別に自分個人の年金準備保険のことです。
個人年金を扱っている保険会社と契約をし、一定期間保険料を払込むと『保険会社が保険料を運用して年金原資を準備してくれる』商品です。

この『保険会社が保険料を運用して年金原資を準備してくれる』というところがポイントになります。
投資の素人の自分が貯金をして投資運用をするとうまくいかないことがほとんどですが、保険会社の投資のプロに運用を任せることができるということです。

もちろん将来は公的年金とは別に個人年金を受け取ることができるようになり、老後の生活に余裕が持てるようになります。

要は公的年金とは別に、個人でも老後の年金を増やして安心して老後の生活をゆったりすることができるように準備をするということです。

個人年金のことについて詳しく知りたい方は、こちらから無料資料請求すると個人年金に関する詳しい資料をもらえます。

➡︎個人年金の資料をもらう

マニュライフ生命こだわり個人年金の詳細はこちら
http://manulife-gaika.jp/kodawari-kojin/

公的年金だけではどう考えても老後に「普通の生活もできない」と私は考えているので個人年金やそれなりの金額の貯金がないと非常に不安に感じています。

PR:マニュライフ生命保険株式会社

私が選んだのは外貨建の個人年金

私の場合は、個人年金を選ぶ時にどの個人年金が良いか検討もつかなかったため、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談をして、いろんな個人年金を比較してみました。

かなり時間をかけて話し合い、いくつもある個人年金の中から私が選んだのはマニュライフ生命のこだわり個人年金(外貨建)です。

マニュライフ生命こだわり年金(外貨建)の公式サイト
➡︎http://manulife-gaika.jp/kodawari-kojin/

私がマニュライフ生命のこだわり個人年金(外貨建)を選んだ理由ですが、FPとの話し合いで『絶対に外貨建の個人年金』にしたかった、という点が大きいです。

私が外貨建の個人年金にしかった理由は、日本円の年金だと金利があまりにも低く、本当に貯金をしているのとほぼ変わらないからです。
金利が低すぎるのに手数料を払っていたら、結局自分で貯金をした方がマシなのでは?と思ったくらいです。

外貨建ての場合、日本円の金利とは比較にならないほど金利が高いんです。
マニュライフ生命ではアメリカドル、オーストラリアドルで運用してくれるのですが、日本円との金利の差がこんなにあるんです。

引用:マニュライフ生命

マニュライフ生命のこだわり個人年金(外貨建)の場合、日本円の支払いをすると毎月の為替レートに合わせて外貨換算してくれます。
それによって「ドルコスト平均法」の効果が期待できるんです。

ドルコスト平均法とは、為替レートによって毎月レートは変化しますが、安い時は多く買い、高い時は少なく買ってくれるのでリスクが低くなります。

外貨建の個人年金は他にもありますが、私がこの個人年金を選んだのは、アメリカドルだけでなくオーストラリアドルもあるという点。
そして決め手になったのがこちら。


なんと積立利率が年1.5%の『最低保証』がされているんです!
ちなみに日本円で1.5%の金利は今では考えられないとFPも言っていました。

他にも複利や年金の受け取り方も自由度が高く安心して積み立てることができるのも安心できたポイントです。

マニュライフ生命こだわり個人年金(外貨建)に決めた理由

✔︎絶対に金利の高い外貨建の個人年金にしたかった
✔︎米ドルだけでなく豪ドルもあった
✔︎高金利で運用ができドルコスト平均法なので安心
✔︎積立利率が年1.5%の最低保証があった
✔︎年金の受け取り方も自由度が高く安心できた
✔︎担当者さんの説明が分かりやすく非常に信用できる人だった

最後は個人年金制度とは関係がないのですが、人生の設計プランのことなので信用できる人で本当に良かったと安心したので付け加えました。

FP(ファイナンシャルプランナー)が
「今の時代は、本当は20代からでも始めた方が良いんですよね」
と言っていたのですが、実際に『年金制度の現実』『老後の生活』を考えたら40歳で個人年金を始めましたがもっと早く始めておけばと思っています。

とはいえ、遅すぎるということはないので、もしあなたが個人年金に関心があるのであれば、マニュライフ生命のこだわり年金から無料の資料請求をしてみることをオススメします。
プランの詳細や確認、相談も無料なので実際に話を聞いてみたいという人はまずは話だけでも聞いてみることをオススメします。

実際に年金制度について調べ、FP(ファイナンシャルプランナー)とも何度も話し合って、私は将来は公的年金だけでは「普通の生活」はかなり厳しく現実的ではないという答えになりました。
とはいえ、結局は素人なので、実際に資料請求をしたり担当者と話をしてみて、しっかりと人生プランを考えることをオススメします。

マニュライフ生命こだわり年金(外貨建)の公式サイト
➡︎http://manulife-gaika.jp/kodawari-kojin/

詳細ページ公式ページ

 

 





新着コラム