育児/教育

【先輩ママ厳選】おすすめの人気ベビーローション口コミ評判

新生児、乳児の時の必須アイテムといえば「ベビーローション」です。
新生児や乳児の時はお肌が非常に敏感なので、ケアをしてあげないとすぐに荒れたり、かぶれてしまいます。

敏感な赤ちゃんの肌はケアをしてあげないと、酷くなると荒れた箇所がアザになって残ってしまったり、不快感になって赤ちゃんに大きなストレスを与えてしまいます

新生児、乳児の赤ちゃんのケアは非常に重要なので怠らないようにしてあげてください。

新生児、乳児のお肌のケアは絶対に欠かしてはいけない 

新生児や乳児のお肌のケアで欠かせないのがベビーローションです。
ベビーローションは新生児や乳児はもちろん、最近では子供が大きくなっても日常的にケアをしてあげる家庭が一般的になりました。

その理由は最近の子供は非常に「肌が敏感」になっているので、日常の肌のケアが欠かせなくなっており、乳児湿疹などに悩んでいるママさんが非常に増えているのです。

新生児や乳児の赤ちゃんのお肌が荒れてしまって、不快になったり痛くて泣いちゃう赤ちゃんのためにもベビーローションでのお肌のケアを毎日してあげてください。

先輩ママに聞いたおすすめの人気ベビーローション【比較ランキング】

毎日のお肌のケアにベビーローションは欠かせません。
けど、こんなお悩みはありませんか?

どのベビーローションが良いんだろう…
赤ちゃんに最適なベビーローションってどれなの?

そこで実際に育児でお肌ケアを続けている先輩ママたちに「オススメできる人気のベビーローション」を教えてもらいました。
いろんなベビーローションを比較してきた先輩ママが厳選したベビーローションをご紹介してくれます。

ベビーローション選びに悩んでいるママはぜひ参考にしてください。

Dolci Bolle(ドルチボーレ)
Dolci Bolle(ドルチボーレ)口コミ評判や効果
先輩ママに大人気だったのがドルチボーレのベビーローションです。
口コミでも非常に評判が良く多くの先輩ママが実際に使っており、さらにママ自身にも使っている、という口コミも多くありました。
赤ちゃんの肌にもカサカサやジュクジュク、ブツブツなどいろんな症状がありますが、これひとつで全てのお肌のケアができるととても人気のベビーローションです。
口コミ評判
こんなお肌にオススメ カサカサ肌
ジュクジュク肌
ブツブツ肌
カユカユ肌
価格 3080円(税込)
公式サイト https://www.dolcibolle.com/lplo/

 

アロベビーミルクローション
アロベビーミルクローション口コミ評判や効果
アロベビーミルクローションは「天然由来99%」で新生児から安心して使用できると人気のベビーローションです。
皮膚科クリニックの先生もオススメし、楽天のベビーローションカテゴリで1位になり、Amazonのベビースキンケアでもベストセラーになった安定した人気のベビーローションです。
価格も非常に安いので続けやすいのもママには嬉しいですね。
口コミ評判
こんなお肌にオススメ 新生児
カサカサ乾燥肌
敏感肌
価格 1078円(税込/送料無料)
公式サイト https://www.alo-organic.com/lp

 

ベビーボーン
ベビーボーン口コミ評判や効果
ベビーボーンは新生児の赤ちゃんから使える無添加、純国産、天然由来99%の高品質ベビーローションです。
ベビーボーンはママ自身も使用するほど高保湿を実感できるベビーローションで口コミ評判でも高い評価を得ていました。
口コミ評判
こんなお肌にオススメ 新生児
大人の使用もオススメ
デリケート肌
価格 2800円(税抜)送料無料
公式サイト https://www.mishii-list.com/babyborn_regular

 

 

 

  1. 先輩ママに聞いたおすすめの人気ベビーローション【比較ランキング】
  2.  ベビーローションとは
    1. ベビーローションの使い方の基本
  3. ベビーローションは安心安全か?
    1. ベビーローションは安全性が高いが安心して使うために成分を比較しよう
  4. ベビーローションは大人にも効果があるのか?
    1. 大人にはどんな使い方がある?
  5. ベビーローション選びは口コミを参考にしよう
    1. どんな口コミを参考にすればいい?
  6. ベビーローションの種類と役割について
    1. ベビーローションの役割

 

 ベビーローションとは

ベビーローションとは口コミ評判

小さいころに、家にベビーローションが置いてあった記憶がある方は多いかもしれません。
ベビーローションは、ママ自身が子供だった頃よりもずっと前から使われていた、赤ちゃん用品の定番とも呼べるアイテムです。

ベビーローションとは、名前に「ベビー」とあるように、赤ちゃんが使うために開発されたローションです。ベビーローションの主な成分はメーカーによって異なりますが、主な目的は赤ちゃんの肌に潤いを与えて、保湿することなので、その目的を果たせるものが入っています。

ベビーローションの必要性は、赤ちゃんのお肌を見ると理解できます。
赤ちゃんのお肌は大人に比べて薄くて繊細です。
そのことで、赤ちゃんの肌独特の透明度が生まれるわけですが、反面、刺激に弱く、水分が失われやすいというデメリットがあります。
そのため、何もしないと乾燥などの皮膚トラブルが発生してしまいます。
それで、皮膚を保湿し保護する役目を持つベビーローションをつけてあげることが大切になります。

保湿効果がある成分としてよく知られているのは、油分です。
実際、ベビーローションに加えてベビーオイルも販売されていますが、どんな違いがあるのでしょうか。

まず、ベビーローションはお肌に潤いを与えたり、失われた水分を補う役割があります。
一方、ベビーオイルは、肌から水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。
それで、特に乾燥が気になる新生児を含む赤ちゃんにはベビーローションで保湿をしつつ、ベビーオイルで、いわばお肌にふたをするようにして水分が逃げないようにすると、肌トラブルを減らせる可能性が高まります。
さらに、ベビーオイルは外からの刺激を軽減する役目も果たすため、耳を掃除したり、おむつによるかぶれ予防にも安心して使えます。

一口にベビーローションといっても、異なるメーカーからいろいろな製品が販売されています。
そのため、どんな用途に適しているかを確認して選ぶことが大切です。
ベビーローションを選ぶときに考えたいことの一つは、つけたときの質感です。
ベビーローションには、液体のもの、ジェルタイプ、乳液のようなミルキーなもの、薬用タイプなどが出されています。
液体タイプはさらりとした付け心地なので、乾燥がさほど気にならない赤ちゃんや、夏場の使用に適しています。
また、あせもなどが気になる赤ちゃんには、薬用タイプを選ぶと症状を軽減するのに役立つはずです。

新生児を含む赤ちゃんを対象に作られているベビーローションですが、安全性も考慮したい要素です。
特にお肌が弱い赤ちゃんには、無添加や低刺激をうたったものを選んで使うのが安心です。
赤ちゃんのお肌に合うかどうかは、まずママのお肌で試して刺激がないかを確認してみると良いでしょう。
自分で試して問題ない場合でも、いきなり赤ちゃんの全身につけるのではなく、お肌の一部分につけて様子を見てみることが大切です。

ベビーローションの使い方の基本

ベビーローションの多くは、新生児にも使えるよう、お肌への刺激をできるだけ軽減して、保湿を助ける成分で作られています。
それで、生まれたばかりの新生児や、肌トラブルを抱えがちな赤ちゃんには、こまめにつけることで肌が乾燥しないようにすると良いでしょう。

ベビーローションは年間を通してつけると効果が高くなるようです。
冬の季節は乾燥が進むため、ベビーローションの必要性は理解できると思います。
一方、夏場は湿気が多く、ベビーローションが必要とは思えないかもしれませんが、実はエアコンが問題になります。
赤ちゃんは体温が高いので、夏は汗をかきやすくなりますが、冷房の風と相まって、逆に赤ちゃんのお肌の乾燥を促進させてしまいます。
ベビーローションは、どの季節でもお肌の状態を安定させるのに役立つアイテムということができます。

ベビーローションは、お肌が潤っているお風呂上がりに使うと効果的です。
タオルで水分をふき取った後に、顔を含めて全身につけることができます。
その際、ベビーローションを手に取ってママの体温で温めてからつけると、のびが良くなるとともに、赤ちゃんの体温に近づけることで肌ストレスを軽減することができます。
そして、ベビーマッサージを兼ねて、優しくなでるようにつけると、赤ちゃんとのスキンシップを同時に行えるメリットがあります。

ベビーローションには、赤ちゃんのお肌を保湿するのに役立つ成分が入っています。
付け心地や質感は製品によって異なるため、季節なども考慮し、赤ちゃんのお肌の状態に合うものを選んでつけることが大切です。
ベビーローションは、特に新生児や肌トラブルを抱えやすい赤ちゃんに、季節を問わず、こまめにつけるようにします。
また、お風呂上りにベビーマッサージを兼ねて行うと、赤ちゃんとのスキンシップに役立ちます。

ベビーローションは安心安全か?

安心安全なベビーローション比較ランキング

ベビーローションは生後間もない赤ちゃんが使うことを前提として作られているので、安全性が高く刺激物が含まれないタイプが一般的です。
無香料・無着色といった基本的な部分だけでなく、含まれる保湿剤も刺激が少ないものか天然由来成分が配合されています。
肌が敏感な大人も使えるので、赤ちゃんへ使う前に両親どちらかが試してから使ってみるという方法なら安心できるはずです。
ベビーローションは新生児の段階から継続して使えるので、一度テストをしてアレルギー反応が出なければ継続して使用して構いません。

ベビーローションにはクリアタイプとミルクタイプの2種類が各種メーカーから販売されており、クリアタイプは水分が多く含まれていて化粧水感覚で使えます。
一方、ミルクタイプのベビーローションには、保湿剤が多めに含まれていて乳液と同じ使い方が可能です。
さらに乾燥肌が懸念される場合には、クリームのような使い方をするベビーローションが一部のメーカーから販売されています。
基本的にはクリアタイプで普段の保湿を行い、入浴後といった油分が不足しがちな時にはクリアタイプとミルクタイプを併用することが多いです。

赤ちゃんの肌は大人と比較して薄いことから、僅かな刺激であってもアレルギー反応を起こしてしまうことが珍しくありません。
皮膚の薄さが大人の1/3しかないので、刺激に対して敏感になりやすいです。
一般的には刺激が少なく安全性が高いとされるパラベンであっても、赤ちゃんの中にはアレルギー反応を起こしてしまうケースもあります。
また、赤ちゃんの肌は弱酸性となっているので、塗るベビーローションについても同じ弱酸製タイプを選ぶと刺激を抑えられます。

ベビーローションとベビーオイルは、一見すると同じ使い方をするように見えますが、ベビーローションは水分を補給する目的で使われます。
一方、ベビーオイルは名前の通り低刺激オイルで作られているので、肌の乾燥を防ぐ役割のみです。
このため、肌が乾燥している状態にはベビーローションで水分を補って肌になじませてから、ベビーオイルで油膜を作り水分が蒸発しないように保護します。

ベビーローションは安全性が高いが安心して使うために成分を比較しよう

ベビーローションはクリアタイプとミルクタイプどちらであっても、水分と保湿成分の組み合わせで作られています
基本的な構成は水と潤い成分に加えて保湿を行うオイル成分の組み合わせです。
潤い成分には様々な素材が使われていて、アミノ酸成分やグリセリンだけでなく米発酵エキスといった様々な独自成分が配合されています。
赤ちゃんにとって低刺激で安全な成分であることに変わりありませんが、個人の体質が原因で起きるアレルギー反応については別枠で考えましょう。
なぜなら、アレルギーパッチテストを行ってみないと、赤ちゃんは特に分からない反応を示すことがあるからです。

ベビーローションの安全性を高めるために、エコサート認証を取得しているベビーローションも登場しています。
オーガニック素材を使用しているという評判はあっても、実際に厳しい国際有機認証機関からエコサート認証を取得しているタイプは珍しいです。
天然由来成分を使用しているからこそ、確率は低いもののアレルギー反応が赤ちゃんに出てしまうことを想定しなければなりません。
ベビーローションは本来安全なものですが、人気が高いからといって目の前の赤ちゃんへ手放しに使えるわけではないです。

数多く販売されているベビーローションの中でも安全性に特化したタイプは、天然由来成分で作られただけでなく防腐剤や鉱物油不使用といったアレルゲンを徹底排除した製品があります。
ただし、いかに安全性を重視してベビーローションを選んでも、使用期限内に使い切らないと意味がありません。
赤ちゃんが安心して使えるベビーローションは、防腐剤が入っていないために開封したら期限内に使い切るようにしましょう。

ベビーローションは開封後の劣化が早いので、使用期限を確認して使いましょう。
赤ちゃんの肌を乾燥から守るためには、ベビーローション選びに妥協しないことが重要です。

ベビーローションは赤ちゃんの敏感な肌であっても使えるように、低刺激で安全性が高い成分のみで作られています。
基本的な成分は水分が中心であって、潤い成分と保湿成分の違いによりメーカーごとにクリアタイプやミルクタイプといったバリエーションが多いです。
赤ちゃんの薄い肌であっても使用可能なベビーローションならば、肌トラブルを抱えている成人であっても利用可能です。

ベビーローションは大人にも効果があるのか?

大人にも使えるベビーローション人気ランキング

ベビーローションはその名称の通り、赤ちゃんのために作られたスキンケア用品です。
赤ちゃんの肌は薄い上、皮膚成分の分泌量が少ないのが通常。
そのため表皮が摩擦に敏感だったり、冬場には特に乾燥しやすいなど、大人に比べてかなり未成熟と言えます。
そんなデリケートな肌を守るために、赤ちゃん用のスキンケア用品として開発されたのが、ベビーローションです。

その注目すべき特徴としては、製品に含有されている成分が大人用と比べ、お肌に一層優しい構成になっていること。
香料や着色料あるいは防腐剤のような、肌に刺激になりやすい添加物については、できるだけ使用しないように配慮されているケースがほとんどです。
前述したように、赤ちゃんの肌は大人よりもデリケートである以上、当然といえば当然かもしれません。

そんな赤ちゃんの肌に優しいベビーローションであれば、大人でも安心かつ安全に使用できることは、容易に想像できるでしょう。
低刺激で保湿性に優れる上、品質の安全性や信頼性も高いならば、大人が使わない理由はありません。
実際に大人の女性の中には、毎日のスキンケアにベビーローションを取り入れているケースが目立ちます。
特に出産後にホルモンバランスが崩れて敏感肌になった方、あるいは年齢を重ねて乾燥肌になりやすくなった方には、ベビーローションは頼りになるアイテム。
角質層の水分不足によるバリア機能の低下を防ぎ、お肌に効果的に潤いを与えて、敏感肌や乾燥肌から守ってくれます。

大人にはどんな使い方がある?

大人の女性にも人気の高いベビーローションですが、具体的にどんな使い方があるのでしょうか。
一般的にベビーローションというと、手足やボディに塗るイメージが強いかもしれません。
しかし実は、顔のお手入れにも使用することが可能です。
これも赤ちゃんのお肌に優しい、低刺激のベビーローションだからこそ。
家庭に一つあれば身体のあらゆる部位に使用できる、コストパフォーマンス抜群のスキンケア用品と言えます。
効果的な使い方としては、あらかじめ化粧水で顔の角質層を柔らかくしておくのがベター。
これによってベビーローションが浸透しやすくなり、優れた効果が期待できます。

もちろんボディ全体に使用することもOKです。
特に肌の汚れが落ちて、角質層も柔らかくなっている入浴後であれば、ベビーローションの保湿成分もスムーズに浸透します。
その際にはマッサージしながら使用するとよいでしょう。
入浴後にしっかりとボディの水分を拭き取った上で、手のひらにベビーローションを塗布し、肩から腕そして脇の下、胸や腰から脚の付け根、さらに腿やふくらはぎへと、ボディの上から下へマッサージするように広げていきます。
日頃から入浴後にベビーローションを活用したこのマッサージを行えば、お肌に潤いを与えると同時に血行も促進して、ボディのコリやむくみの解消にも役立ちます

同じくボディで見逃しやすいのが背中です。自分からは見えづらい部位ではありますが、薄着になりがちな夏場や海水浴シーズンなどには、他人の視線も気になるところなので要注意。
やはり入浴後にベビーローションを活用して、しっかりスキンケアすることが求められます。
特に背中が乾燥肌になると皮脂が過剰に分泌されるため、毛穴が詰まってやがてニキビが発生しやすくなります。
また水分不足はお肌のターンオーバーも乱すため、バリア機能の低下まで招くことがあります。
こうなると、結果的には敏感肌につながることもあり得ます。

いずれにせよベビーローションで背中の角質層に潤いを与え、新たに皮膜層を作らなければなりません。
まず入浴は40℃以下の温度を心がけましょう。
高温になると必要最低限の皮脂まで流れ落ちてしまい、それが皮膜層の生成を妨げて、敏感肌や乾燥肌を招くこともあるからです。
入浴後にしっかりと背中の水分を拭き取ったら、ベビーローションを手にひらに塗布し、背中全体にまんべんなく広げていきます。
できることならば、自分以外の人にこれをやってもらえると、背中の隅々までムラなく均等にベビーローションの効果を及ぼすことができるでしょう。

ここまで紹介したように、ベビーローションは赤ちゃんだけでなく、大人の女性にも最適なスキンケア用品と言えます。
特に普段から敏感肌や乾燥肌で悩んでいる方にはピッタリ。
赤ちゃんのデリケートなお肌のことを考えた、添加物の少ない低刺激なベビーローションならば、安心して使用することが可能です。
毎日の保湿ケアでベビーローションを活用すれば、肌トラブルを未然に防ぐことにも期待できるでしょう。

ベビーローション選びは口コミを参考にしよう

ベビーローション口コミ比較おすすめランキング

新生児の赤ちゃんを育てているママさんは、どんなベビーローションを使えばいいのか分からず悩んでしまうこともあるでしょう。
何も分からない状態のまま、口コミなどを見ることなくベビーローションを買ってしまうと、赤ちゃんの肌と合わなくて使いきれなくなってしまいます。
物にもよりますがベビーローションは1000円以上することも多く、せっかく買ったのに処分するのはお金を無駄にしてしまうことになりかねません。

口コミを参考にすることのメリットは、赤ちゃんにぴったりのベビーローションが選びやすいということです。
どんな効果があったのか、どんな塗り心地だったのかをしっかりとチェックして、自分が求めているものを買うことが大切になります。
事前に口コミで色々な人の意見を参考にすることが出来るので、失敗する可能性が下がるでしょう。
また、情報を入れずにベビーローションを探すよりも効率的です。

そして、口コミを見ることでベビーローションの香りやテクスチャーなども知ることが出来ます。
新生児の赤ちゃんに塗ってあげるものなので、慎重に選びたいと思っている方も多いでしょう。
そのため、細かい情報を見比べながら選べるというのは大きなメリットだと言えます。
ネットで買う場合はもちろん、店舗で買う場合も自分が欲しい商品をお試しできるとは限らないので、実際に使った人の声が参考になります

口コミにはベビーローションの良いポイントだけではなく、残念なポイントまで書かれていることがあります。
あらゆる側面からベビーローションの良し悪しをチェックし、最終的には自分で判断して選べるのもメリットです。
調べていくうちにいくつか候補が絞られていき、自分の子どもに合ったものが選びやすくなるでしょう。
初めてベビーローションを買う場合や、どれがいいか決めかねている場合は、口コミで評判になっている人気の商品を選ぶというのも一つの手です。
数多くの口コミが集まっているというのは、それだけ多くの人から使われている商品だということになります。

どんな口コミを参考にすればいい?

口コミを調べる前に、まず自分の子どもの肌の状況をしっかり把握し、どんな効果を期待するのか考えておくことが大切です。
その上で口コミを見ることで、どれが子どもに合っているのかが分かるようになります。
新生児を育てているママさんにとっては、一分一秒でも無駄なことに時間を費やしたくないものです。
これらの行動はインターネットで情報を調べるときの時間短縮にもつながります。

口コミを見るポイントとしては、具体的に書かれているものを参考にするということです。
ただ単に、「よかったです」「おすすめです」など簡単な言葉だけで書かれている口コミでは、どんなベビーローションなのか判断することが出来ません。
「〇〇の部分がよかった」「〇〇な人におすすめです」など、ベビーローション選びに役立ちそうなコメントが書かれているものを探すようにしましょう。

そして、どの月齢・年齢の赤ちゃんに使用しているのかをチェックすることも必要です。
ベビーローションは新生児の赤ちゃんだけではなく、大人も使えるものになります。
そのため、口コミをしている大人が自分自身の使用感を書いている場合も考えられるのです。
その場合、新生児の赤ちゃんに使うためにベビーローションを調べているのに、欲しい情報が得られなくなってしまいます。
赤ちゃんと大人の肌は全く違うので、欲しい情報を正確に得られるように調べていかなければなりません。
口コミしている人の情報が明記されているものを参考にするよう心がけましょう。

また、どのベビーローションを選ぶにしても、成分や使用方法などをきちんと読んで納得してから使うことをおすすめします。
ママさん自身が、赤ちゃんに使うベビーローションに関して詳しくなっていれば安心です。
ネットの口コミ情報だけではなく、ママ友や自分の家族、産婦人科医などに相談して決めるのもいいかもしれません。
直接実際に知っている人だからこそ分かることがあります。
赤ちゃんの状態を見たうえで口コミを教えてもらえるのでより参考になります。

ベビーローションといっても、様々なタイプの商品が売られています。
その中から赤ちゃんに合っているものを選ぶのは大変なので、口コミなどを参考にして選ぶようにすると効率的です。
どんな使い心地なのか、どんな効果が期待できるのかなど、知りたい情報が書かれている口コミを参考にしましょう。
また、成分を確認したりパッチテストをしたりすることも必要です。

ベビーローションの種類と役割について

ベビーローションの役割と種類

ベビーローションを購入しようとしたときに、様々な種類があり驚いた人もいるでしょう。
ベビーローションと一言で言っても、その種類は多種多様です。
まるで化粧水や乳液のようにサラサラしたタイプや、肌につけやすいクリームタイプもあります。
それぞれの効果や役割を知ってから選ぶと、理想的なベビーローションが見つかりやすくなります。
赤ちゃんの肌は、とても敏感です。
選び方によっては肌トラブルに繋がる恐れがあるため、慎重に選ぶことが大切です。
乾燥肌が気になるときには、保湿効果が高いミルクタイプにすると、肌がしっとりしてきます。
保湿成分が高いセラミドやヒアルロン酸が使われているかを確認しておきましょう。
肌が弱いときには敏感肌にも使える低刺激のものを選ぶことも大切です。

そして、暑い季節には汗疹が出やすくなります。こんなときには、薬用タイプにすると解決に繋がる可能性が高くなります。
人気が高いベビーローションのなかには、オーガニックや無添加のものもあります。選ぶときには、赤ちゃんの肌の状態に合ったベビーローションを選ぶようにしましょう。
ベビーローションは、基本的には赤ちゃんに使用する前提で作られていますが、すべてのベビーローションが安全とは言い切れません。
種類によっては、配合されている成分が違うため、実際に使用するときには詳しく確認することが必要です。
また、乾燥肌にいいからと何度もベビーローションを塗ることは、逆に赤ちゃんの肌に悪影響を及ぼすこともあります。
使用するときには、商品に記載されている用法と用量をしっかりと守るようにしましょう。
実際に赤ちゃんの肌につけたとき、肌に合わないということもあります。
そのときには、すぐに使用を中止して医師に相談するようにしましょう。

ベビーローションの役割

ベビーローションの役割は、生まれたばかりの赤ちゃんを守るためです。
赤ちゃんの肌は、実はとても乾燥しやすいのです。
お母さんのお腹の中にいるときには、赤ちゃんの肌は羊水によって守られています。
そのため、生まれて初めて触れる空気は、赤ちゃんにとっては刺激が強く、肌荒れがしやすくなっています。
特に、生後約4ヶ月を過ぎた頃から、一気に皮脂が少なくなってしまいます
皮脂が少なくなってしまった肌には、バリア機能さえ十分ではないのです。
大人よりも皮膚が薄いため、表面はすぐにカサカサしてしまいます。
肌の水分を保つ機能もまだ動きが鈍いため、潤うということがないのです。
たとえ、お風呂に入ったりして一時的に水分を得たとしても、すぐに水分は蒸発して乾燥してしまうのです。
乾燥した肌は、痒みも強くなるためストレスにも繋がります。
このままでは、赤ちゃんの肌はカサカサに荒れてしまったり、吹き出物などが出てきてトラブルへと発展したりする可能性があります。

赤ちゃんの肌は、とても敏感なので日頃のケアが重要です。
ベビーローションは、赤ちゃんの柔らかく敏感な肌を健康に保つために役立ちます。
そして、ベビーローションの効果を得られるのは赤ちゃんだけではありません。
大人だって活用できるのです。
出産後のお母さんの肌にも、ベビーローションは効果的です。
出産したばかりというのは、肌の状態がかなり崩れてしまいます。
その理由は、ホルモンバランスが大きく乱れたからです。
個人差はありますが、多くの女性が出産後に肌荒れを経験しています。
そんなときに、ベビーローションは大きな助けとなってくれます。

ベビーローションというのは、赤ちゃんしか使えないというものではありません。
大人になっても使用することができます。
人気が高いベビーローションのなかには大人の肌にも効果が高いものがあります。
ベビーローションの効能には様々なものがあるため、幅広い年代が利用できます。
単に肌に潤いを与えて、乾燥から守るだけではなく、メイクに使ったり、カミソリを使用した後の肌に使えます。
ベビーローションを選ぶときには、成分や効果についてチェックすることも大切ですが、肌質によって使える種類を選んでおくといいでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんと、お母さんにとってベビーローションは肌を美しく健康に保つために必要なアイテムです。
種類も豊富なので、まずはそれぞれの効果を調べてから、本当に赤ちゃんの肌に合う一品を選ぶようにしましょう。
また、肌質や季節によってベビーローションを使い分けるようにすると、更に肌への効果が期待できます。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

中田 絵里奈(@erinanakata)がシェアした投稿

 

ベビーローションメーカー一覧

ピジョン pigeon
ジョンソン・エンド・ジョンソン
アサヒグループ食品 和光堂
SEASTAR シースター
マミー
花王 kao メリーズ
宇津救命丸
明治 meiji
アトピコ
丹平製薬 アトピタ

 

新着コラム