退職代行

退職代行エンマンの口コミ評価【退職代行サービス6選】

退職代行エンマン
今すぐにでも会社を辞めたいのに辞めさせてもらえない…

会社を辞めたいのに、
「今すぐは無理。もうちょっと待って。」
「何を言ってるんだ‼︎無責任だ‼︎」
など、会社側がなかなか辞めさせてくれなかったり…

「今辞めたらみんなに迷惑が掛かる…」
と会社というより同僚への気遣いで辞めにくかったり…

本当は今すぐにでも辞めたいのに、いろんな理由があって、辞めさせてもらえない、辞めにくい、という人はたくさんいます。

しかし「退職」というのは就業している人の「権利」であり、誰にも止めることは出来ません。
「会社が辞めさせてくれない」なんてことは本来あり得ないのです。
なぜなら、会社が「辞めたらダメ」なんてことを言う権利は一切ないのですから。
会社は退職を申し出た人に対して何一つ強制をすることはできません。

また、今辞めたらみんなに迷惑がかかる…という責任感の強い人もいます。
しかし、この「辞めたらみんなに迷惑がかかる」というのも、本来従業員が考えるべきことではなく会社が対応しなければいけないものなのです。
ひとり従業員が退職をすれば、その対応をするのは会社側の責任です。
辞める方に一切の責任はありません。

最近ではブラック企業も多く、パワハラやセクハラなどが日常化している企業も少なくありません。
そんな今だからこそ、大人気になっているのが「退職代行サービス」です。

『会社を辞める』というのは就業者の『権利』です。
辞めたいのであれば今すぐに退職しましょう。

退職代行クラウド「エンマン」とは

退職代行クラウドの「エンマン」は退職代行サービスの中でも『弁護士が代行する』サービスです。

エンマンの特徴

●弁護士が代行する退職代行サービス
●本人から会社への連絡不要
●即日(今すぐ)対応
●追加料金一切なし
●全国対応可能
●退職成功率100%

弁護士が代行する退職代行サービス

退職代行サービスはいくつかありますが、ほとんどの退職代行サービスは弁護士対応ではありません。
これは何を意味しているかと言うと会社側との交渉や請求ができるかできないか非常に重要なポイントになるのです。

●有給の交渉
●給与未払いへの対応
●退職金への対応
●未払い残業代への対応

これらの対応は企業側との「交渉」にあたります。
この企業との交渉は弁護士資格を持っていないと出来ないのです。
これらの交渉は「弁護士」でないと出来ないので、もし弁護士対応をしていない退職代行サービスが行ったら「非弁行為」になります。

※非弁行為とは…弁護士資格のない者が交渉など、本来弁護士でしか行えない業務を行うこと(違法)

つまり多くの退職代行サービスは交渉が出来ないので、一方的に会社側に「辞めます」と代理で伝えることまでしか出来ません。
しかし弁護士対応をしているエンマンであれば、上記の交渉が可能なのです。

有給対応や残業代の対応など、本来得られるべき権利や賃金を得られなくなりますので退職代行を利用する場合は弁護士対応の退職代行を利用しましょう。

本人から会社への連絡不要

エンマンに連絡をすれば、あとの一切のことはエンマンに任せることができます。
つまりエンマンに連絡をすれば、あなたから会社への連絡をする必要はありません。

エンマンに依頼をすれば、退職の意思を企業へ伝え、あなたの要望に応じて有給や残業代、給与の支払いなどの交渉をエンマンが代行してくれます。

即日(今すぐ)対応

エンマンに退職代行を依頼した場合、今月で退職したい、という要望はもちろん「即日退職したい」という要望にもすぐに対応してもらえます。
精神的に限界で、もう出社できない、という人でもエンマンに依頼をすれば、そのストレスから今すぐ解放されます。

追加料金一切なし

退職代行サービスの中には基本料金だけ明記していて、例えば「即日対応なら追加で○円」「正社員であれば追加で○円」など、追加料金のある退職代行サービスも多いです。
中には申し込みをしてから追加料金を請求してくる悪質な代行業者もいます。

しかしエンマンは追加料金は一切なし
アルバイトでも正社員でも一律の料金なので安心して依頼ができます。
さらにエンマンでは、退職決定後にも退職に関する必要書類やアフターフォローも追加料金なしで行ってもらえます。

全国対応可能

退職代行の業務は基本的に電話で企業との連絡を取り合います。
そのため、あなたがどこの勤務地の会社で勤めていようが、全国どこでも対応可能です。
退職代行の業務は、基本的に電話と郵送での業務になります。

退職成功率100%

退職代行エンマンでは、これまでの退職成功率は100%です。
つまり、エンマンに依頼をすれば確実に退職をすることが可能です。
また、これまで一度もありませんが万が一退職できなかった場合は、100%全額返金保証がありますのでリスクもありません。

退職代行クラウド「エンマン」の口コミ評判

退職代行即日
エンマン使って会社辞めた。これで良いのかな…と悩んだけど、今となっては利用しない理由はなかった。
無事本日退職しました。エンマンを利用することに少し悩みましたが、我慢し続ける人生よりも新しい一歩を踏み出せて良かった。
退職代行の利用は賛否あるけど、メンタルが限界だったから。本当に命を助けてもらったと思ってる。
本当に良いサービスだった。辞めた後のフォローもあって、心の支えが出来て立ち直れた。
同僚と一緒に利用させて貰った。今はふたりとの新天地でイキイキ仕事が出来ています。

退職代行クラウド「エンマン」の料金について

退職代行エンマン料金

エンマンは全てコミコミで「5万円」です。
ただ、現在は期間限定のキャンペーンをしていて「3万円」となっています。
全てコミコミ、追加料金なし、アフターフォロー付きで、3万円です。

たった3万円で弁護士があなたのために退職代行の手続きを行ってくれます。
これからも続き精神的、身体的なストレスや過労を考えると、すぐにでもそのストレスや過労から解放してくれると思うと決して高くはないのではないでしょうか。

退職代行サービスのよくある質問

退職代行サービスおすすめ
退職代行を依頼した後に勤務先から自分に連絡は来ない?

弁護士が代理人交渉をして、本人に連絡しないように伝えています。万が一連絡があったとしても出る必要はありません。

保険証など会社への返却物はどうすれば?

弁護士から勤務先に退職を伝えた後に本人から勤務先へ郵送してもらえます。直接持参して返却する必要はありません。

上司からの引き留めに合いませんか?

会社は従業員からの退職の申し出について制限がありません。仮に退職によって業務に支障があったとしてもそれは勤務先の責任、問題です。

親に退職がバレたくない

勤務先への本人への連絡や家族への連絡もしないように弁護士が伝えていますので安心してください。

退職代行を依頼後、本当に出社しなくて良いのでしょうか?

エンマンから勤務先へ通知をした後は出勤をする必要はありません。退職日が連絡をした日よりも後だったとしても、出勤をしないことを勤務先に伝えることができますので出勤をする必要はありません。
また、有給休暇がある場合は有給休暇を消化した時点で退職も可能です。

給料や退職金はもらえますか?

もちろん、給料は労働の対価なので働いた分は必ず受け取れます。
給料が手渡しの場合であっても振り込みするように交渉も可能です。

不安な点、質問がある

どのようなお悩みでも、お気軽にご連絡ください。
ご相談後、退職をされないという判断をして頂いてももちろん問題ありません。

退職代行は弁護士でないと違法になる?

退職代行サービス弁護士

エンマンは弁護士が対応してくれる退職代行サービスですが、退職代行サービスの多くは弁護士対応ではありません。
では、弁護士対応ではない退職代行サービスは違法なのか?と気になりますよね。

厳密に言えば「グレー」になるのではないかと思います。
と言うのも、弁護士対応ではない退職代行サービスの場合、勤務先に「〇〇さんは本日で退職されます」と伝えることはできます。
しかし、有給であったり残業代であったり、何かを企業に求める交渉は一切出来ません。
もし依頼者の要望を勤務先と交渉をすれば「非弁行為」になり違法になるからです。

非弁行為さえしなければ違法ではありませんが、ただ「辞めます」と伝えるだけの退職代行サービスと、勤務先に依頼者の要望を伝え交渉することができる退職代行サービスであれば、当然弁護士対応の交渉できる退職代行サービスが安心安全ではないかと思います。

料金も、エンマンの方が安いケースがほとんどです。
弁護士に対応してもらえて、料金も安い、または同じだったとしても、エンマンに依頼した方が安心だと思います。

退職代行サービスを使ったらトラブルになる?

退職代行サービス料金
退職代行サービスを使ったら勤務先とトラブルにならない?

最近ではNHKなどでも特集が組まれるほど退職代行サービスは知名度があり、認知されてきました。
しかし、利用者の中には「本当に辞められるの?」「トラブルにならない?」と不安に思う人もいるかもしれません。

結論から言うと「安心して利用して大丈夫です」

エンマンであれば、弁護士が対応してくれます。
どれだけ今まで「辞めるな!」「辞めさせない!」と言ってきた企業であっても、本来退職を止める権利は企業にないですし、相手が弁護士を通じて退職を申し出て来た場合、拒否のしようがありません。
また、退職を伝えるときも本人には連絡をしないように、と伝えていますのでトラブルになるケースはありません。
トラブルになるのが嫌というのであれば、なおさら弁護士対応の退職代行サービスを利用した方が安心して退職できるのではないでしょうか。

退職代行サービスは即日可能?

退職代行サービス一覧
本当に即日退職することが可能なの?

就業規則や雇用契約書に「退職の場合は1ヶ月前に告知をするように」と書かれているので、最低でも1ヶ月は続けなければいけないのでは?と思う人も少なくありません。

しかし、この就業規則や雇用契約書というのはあくまで「勤務先でのルール」であり法律ではありません。
原則、このような規則を守らなければいけないものではなく、まして退職する側の人が絶対に守らなければいけないものではないのです。

そのため、エンマンに退職代行を依頼すれば即日(今すぐ)退職することは可能です。

退職代行サービスはおすすめできる?

退職代行サービスおすすめ

会社を辞める時、退職代行を使わずにスムーズに辞められる方が理想です。
しかし、残念ながら、辞めたいと言ったら待てと言われたりなぜか怒られる会社、辞めたいと言いづらい雰囲気の会社が多いのが現実です。
退職代行を使って辞めるなんて社会人として無責任だ、という人もいますが、それなら、退職代行を使わないと辞められない会社のほうがよほど無責任だと思います。

辞めさせてくれない会社、辞められない雰囲気の会社があるのですから、退職代行サービスがこんなにも利用されているわけです。
その責任を就業者に負わせている時点で「おかしい」わけです。

精神的にストレスを受け続け、身体的にも苦痛があるのであれば、退職代行を使ってでもストレスから解放され新しい日常を迎えるべきだと思います。
会社のための人生ではありません。
そんな苦痛な日常を送るくらいであれば、退職代行を使って「ちゃんとした人生」を送る方が絶対に良い人生になると思います。

退職代行クラウド「エンマン」の基本情報

サービス 退職代行クラウド エンマン
公式サイト https://taishoku-enman.com/
所在地 東京都 千代田区霞が関 3-6-15-2F
運営事業者 北周士(きたかねひと)(東京弁護士会所属)

退職代行サービス6選

退職代行サービスは弁護士代行のエンマン以外もあります。
ここでは退職代行サービスをいくつかご紹介させて頂きます。

EXIT

サービス名 退職代行EXIT
料金 50,000円(正社員)
追加費用 なし
弁護士対応 なし
所在地 東京都渋谷区円山町5-4 道玄坂ビル5F

Jobs

サービス名 退職代行Jobs(ジョブズ)
料金 29,800円
追加費用 不明
弁護士対応 指導(弁護士対応ではない)
所在地 大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202

弁護士法人みやび

サービス名 退職代行サービス弁護士法人みやび
料金 55,000円
追加費用 あり
弁護士対応 あり
所在地 東京都中央区銀座7丁目13−8 第二丸高ビル 4階

 

この投稿をInstagramで見る

 

退職代行.net(@taisyokudaikonet)がシェアした投稿


退職代行ガーディアン

サービス名 退職代行ガーディアン
料金 29,800円
追加費用 不明
弁護士対応 なし
所在地 東京都北区王子4-24-11 IKビル501

退職代行ニコイチ

サービス名 退職代行ニコイチ
料金 27,000円
追加費用 不明
弁護士対応 弁護士指導であり弁護士対応ではない
所在地 静岡県駿東郡長泉町下長窪731-1

 

この投稿をInstagramで見る

 

退職代行.net(@taisyokudaikonet)がシェアした投稿


退職代行SARABA

サービス名 退職代行SARABA
料金 27,000円
追加費用 不明
弁護士対応 なし
所在地 福岡県福岡市中央区天神3丁目10-32


 

退職代行サービスは内職辞退にも活用できる

就職活動をして、やっと内定を貰った企業。
けど、内定後に様々な理由で内定を辞退したいという人はたくさんいます。

内定辞退の理由

●他の希望企業から内定が貰えた
●就活中に違和感を感じて就職したくなくなった
●志望業界が変わった
●社風が合わない、環境が合わない
●家族から反対された

実際に就職活動をしてみて、面接などをしている間に環境や気持ちの変化があることは当たり前です。
しかし、一度内定を頂いた企業へ内定辞退の連絡をするのは簡単ではありません。
よく内定辞退の連絡でトラブルが起きていることもネットで話題になっていますよね。

もちろんこのようなことをする企業なのであれば、内定辞退して良かったと思いますよね。

内定辞退で気をつけなければいけないことは「連絡をせずに辞退すること」です。
これはあなた自身だけでなく大きなトラブルになる原因になります。
連絡せずに辞退したことはもちろん学校側にも連絡が行きますので学校側の信用を失うことになりますし、社会に出たあとにバッタリその企業の人にあったり、仕事でその企業と関わることになれば就職した会社にそのことを伝えられる可能性もあります。
「サイレント辞退」と言われていますが、これは絶対にやってはいけません。

とはいえ、自分で内定辞退を伝えるのは勇気がいりますし気が引けます。
そんな時にもこの退職代行サービスはよく利用されています。
退職代行サービスでも内定辞退の連絡を代行してもらえます。
もし内定辞退を考えていて、自分で内定辞退の連絡が出来ない場合は退職代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

退職代行サービスに関するヤフー知恵袋

会社からのモラハラやパワハラで退職を考えています。
しかし、元々前任の担当者がいない状態で業務をすることになり、自分で試行錯誤しながらやっと業務ができるようになったのですが、後任がいない状態で辞めると迷惑がかかるのではないかと気になっています。
一度退職を申し出たことがあったのですが、後任への引継ぎが出来たら、と言われました。
しかし採用活動をしているようにも見えません。面接をしている様子もありません。
退職代行サービスを使って退職しても問題ないでしょうか。

一度退職を申し出ていて、後任への引継ぎが条件と言われているようですが、その条件を守る必要はありません。
もし、後任を探して引き継ぎができる状態なのであれば引き継いでから退職することも誠意だとは思いますが、文章を読んでいる限り会社は後任を探しておらず質問者さんに残ってもらうつもりのように思います。
業務を円滑に進めるかどうかはあなたの責任ではなく会社の責任です。
退職代行サービスを使って退職することに全く問題はないと思います。

わたしNEXTという退職代行サービスをみつけ、LINEで相談をしたのですが、対応が非常に悪く申し込みをキャンセルしたいと言いました。
するとキャンセル料を払え。キャンセル料は申し込み料の100%と言われました。
この場合、キャンセル料を支払わなければ罪になるのでしょうか。

キャンセル料を支払う必要は全くありません。
まだ正式に退職代行を依頼していない場合はもちろん、退職代行を依頼したあと、会社に退職の意思を伝える前なのであれば費用を支払う必要はありません。
そもそも退職代行サービスは入金確認後に退職作業に入ると思いますので、今の時点でキャンセル料金を支払う必要はありません。
無視して大丈夫です。

入社して2ヶ月なのですが上司からのパワハラが酷く退職を考えています。
ただまだ入社2ヶ月ですし、今仕事を教えてくれている方が退職するからという理由で引継ぎで入社しています。
今退職すると会社に迷惑がかかることは間違いないので退職することに気が引けますが、この会社にこのまま勤めることは精神的にも無理だと思っています。
入社2ヶ月でも退職代行サービスを使って良いと思いますか?

質問者さんが退職を考えた理由が、そもそもその企業のパワハラが原因です。
入社がまだ2ヶ月であろうと、パワハラは退職する理由としては十分です。
退職代行サービスを利用して退職することに全く問題はありません。

仕事のストレスが食欲がなく、寝ても疲れがとれません。
業務が合わないのもストレスの原因とは思いますが、何より職場の人間関係が異常に悪く、会社にいるだけで憂鬱な気分になります。
業務量もサービス残業が毎日あり、繁忙期には土日関係なく仕事があります。
精神的に体力的にも限界なのですが、退職代行サービスを使うことに少し抵抗があります。

食欲がなく、寝ても疲れが取れないというのは鬱の症状だと思います。
このまま仕事を続けても質問者さんの精神や体力を蝕むだけです。
退職代行サービスを使って退職をすることは決してダメなことではありません。
命より大切な仕事なんてこの世にはないのですから、今すぐにでも退職代行サービスを使って退職をしてください。

退職代行サービスを使って、会社に退職を伝える時は退職代行サービスであると名乗るのでしょうか。
それとも代理人という感じで名乗るのでしょうか。

ほとんどの退職代行サービスは、会社へ退職の意思を伝える時は退職代行サービスだと名乗ります。
また、弁護士でない退職代行サービスが「代理人」を名乗ることは弁護士法で認められていないので、もし代理人を名乗ってしまったらそれは非弁行為になってしまいます。
依頼した退職代行サービスが弁護士運営の退職代行サービスであれば代理人を名乗ることができます。
もし、退職代行サービスを名乗って欲しくない場合は事前に退職代行サービスにそのことを相談してみてはどうでしょうか。

退職代行サービスはたくさんありますが、良い、悪いはあるのでしょうか?

退職代行サービスをしている会社はたくさんあります。
その中で、もちろん「良い」「悪い」は存在します。
例えば、対応が悪いサービスであったり、レスポンスが遅いサービス、口コミ評判で悪い評価になっているサービスなどがあります。
退職代行サービスを利用する時には、事前に口コミなどをチェックしておくことをオススメします。

従業員が退職代行サービスを使って退職しました。
いきなり退職をしたため、お客様に迷惑がかかり、他の社員にも多くの負担がありました。
退職代行サービスを使って退職した従業員に損害賠償を請求することはできるのでしょうか?

退職代行サービスを使っていようが、使っていなかろうが、退職をした従業員に損害賠償請求をすることはできません。
従業員には職業選択の自由のという権利があり、その中に退職の自由も含まれています。
社内規定などで退職する時は1ヶ月前告知、と言われていたとして、それは社内の規定であり法律ではありませんので守る義務は一切ありません。
退職をされたことで業務に支障が出たとしても、その責任は企業が負わなければいけませんので退職した従業員の損害賠償を請求することはできません。

退職代行サービスを利用して退職しました。
月の3週目までは仕事をしていたのですが、最後の給料が振り込まれませんでした。
3週間は勤めていたのでその分の給料は出るものだと思っていたのですが、退職代行サービスを使ったせいか給料が振り込まれませんでした。
利用した退職代行サービスに相談をしたのですが、退職はできるけど交渉は出来ないので本人から連絡をしてください、と言われました。
退職代行サービスを利用して退職をしているので会社には連絡しずらいです。
退職代行サービスを使ったら給料は振り込まれないのでしょうか?

退職代行サービスを使っていたとしても、通常の退職と全く変わりません。
企業は従業員が勤めた間の給料を支払う義務があります。
おそらく利用された退職代行サービスは、弁護士運営ではない退職代行サービスなのだと思います。
弁護士代行でない退職代行サービスの場合、確かに交渉をすることは出来ません。
企業との交渉は弁護士しか出来ませんので、もし弁護士以外が交渉をすると非弁行為になってしまうからです。
残念ですが、今回のケースはご本人から会社へ連絡をするか、労働基準監督署に相談をしましょう。

飲食の仕事をしていて2年目です。
店長に退職を申し出たのですが、辞めさせてもらえず、部長にも退職を伝えましたが、後任ができるまで待って欲しいと言われました。
後任が採用されても1ヶ月も経たず辞めてしまい、引継ぎが出来ません。
精神的にも体力的にももう限界なのですが、退職代行サービスを使って退職しても良いと思いますか?

会社側は従業員の退職を拒否する権利はありません。
そのため「退職します」と伝えれば、いつでも退職することが出来ます。
しかし、会社の雰囲気や上司の威圧的な態度などで退職を伝えることが出来ない場合は、躊躇せずに退職代行サービスを使いましょう。
過労で倒れてしまったら社会復帰まで時間がかかってしまいます。
今すぐにでも退職代行サービスを使って気持ちを楽にして休みましょう。

 

退職代行サービスは命を守るサービス

退職代行サービスについては賛否両論あります。
退職くらい自分で伝えるべき、という意見もあるでしょう。
しかし、そのようなことを言う人はその現場を知らない人です。
実際に会社ではパワハラや会社の雰囲気で退職を申し出ることが出来ないケースは非常にたくさんあります。

しかし、ニュースでも取り上げられているように、今は労働問題がかなり深刻になっています。
労働のストレス、過労によって自分自身命を絶ってしまう人も決して少なくありません。
この世の中に命より大切な仕事なんて存在するのでしょうか?
仕事の過労なんてものが存在するのは日本くらいだと言われています。
責任感の強い人ほど、精神的にも体力的にも追い込まれてしまいます。

会社を辞める。
たったそれだけ、と思う人もいるかもしれませんが、会社を辞めることで命を助けることができるのです。
また、仕事のストレスで鬱になってしまったら社会復帰にもかなりの時間が必要になります。
精神的にも体力的にも、できるだけ早期に退職をすることで楽になることができます。

もしあなたが退職代行サービスを利用しようか悩んでいるのであれば、今すぐにでも退職代行サービスを利用することをオススメします。
毎日のストレスから解放され、会社を辞めることで気持ちもかなり楽になるはずです。
疲れているあなたに必要なのは休息です。
今すぐにでも退職代行サービスを使って退職をして、ゆっくり体と心を休ませて上げてください。

 

労働環境に関する役立ちリンク

雇用・労働 |厚生労働省
総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省
労働政策全般 |厚生労働省
労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省
労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan
JFBA日本弁護士連合会
法テラス 公式ホームページ
労働(法テラス)