高く売れやすくなる価格表示方法

商品やサービスを販売する時、
「売りやすい値段ではなく、売りたい値段で売ってください」
と提案しています。

商品やサービスを売る時に、弱気になって「相場」に合わせたり少しでも安く売ろうとする企業が多いです。
しかし、それでは利益が低くなってしまいます。
しっかりと売りたい値段で売り、しっかりと利益を確保する。
しっかりと利益を出し、その資金でより良い商品やサービスを開発する。
これがベストな状況だと思うからです。

では、どうすれば売りたい価格で売ることができるでしょうか?
それは誰でも簡単にできる「価格表示方法」で可能になります。

 

高い値段を選んでしまう価格表示方法

あなたはレストランを経営しています。
そこにはコースで料理を提供するお店です。
メニューにはこう書かれています。
この場合、一番多く注文されるコースはどのコースでしょうか?

Aコース 10,000円
Bコース 8000円
Cコース 5000円

 

答えはBコースです。
人間は心理的に「高いもの」と「安いもの」の間を選ぶようになっています。

しかし、お店は10,000円のコースを売りたいのです。
そういう時はメニューをこのように変更します。

スペシャルコース 30,000円
Aコース 10,000円
Bコース 8000円
Cコース 5000円

 

あえてAコースよりも大幅に高いコースを準備し提案をします。
するとAコースを注文するお客様が増えるのです。
これは「比較対象に高額なものを入れる」ことで「次に高いものを選ぶ」という心理を利用した価格表示方法です。

 

不動産屋が活用している方法

この方法、不動産屋が「必ず」と言っていいほど導入している方法です。
不動産屋で部屋探しを依頼する時「家賃はいくらくらいでお探しですか?」と聞かれます。
例えばあなたは「10万円くらいで」と依頼をしたとします。

すると不動産屋はどのように部屋を紹介するかというと…
まず、15万円くらいの豪華な部屋を見せるのです。
もちろん15万円の部屋ですから、15万円の価値に見合った部屋になっています。

次に不動産屋は7万円くらいの部屋を案内します。
当然、15万円の部屋を見た後なので、良い部屋だな、とは思えません。

そして最後に12万円くらいの部屋を紹介します。
15万円の部屋ほどではないが、悪くない部屋です。
そして、もちろん7万円の部屋よりも広くて綺麗な部屋に思います。

すると本来の予算は10万円だったのに、12万円の部屋を選んでしまうのです。
本来であれば10万円の部屋を借りたかったのに、残りの2万円はどうにかすれば工面できるかな、と考えてしまうのです。

 

このように、高い値段で売りたい、本来売りたい価格で売りたいのであれば「比較対象」をつけることで、値段を安く思わせることもでき、売りやすくなります。
ぜひあなたのビジネスにも活用してみてください。

 

Follow me!