何色が売れる?導入すべきカラーマーケティングについて

カラーマーケティング

私たちは日頃、商品やサービスを購入する時に無意識的に反応しているものがあります。
それが『色』です。

例えば「赤」を見れば暖かいと感じたり、「青」を見れば冷たいと感じたり。
これらの無意識的に反応してしまう色を販売促進時に導入する事をカラーマーケティングと言います。

この記事では商品やサービス別に導入するべき色をご紹介します。

 

赤色を導入すれば売れる商品やサービス

赤色は「興奮、熱意、刺激」などを連想させる色です。
赤色を導入するべき商品やサービスは「衝動買い」させたい時にオススメです。
また、プレゼントやサプライズ商品にもオススメできます。
赤色には「危険」を無意識に連想させることがあるので、健康食品などは不向きです。

 

青色を導入すれば売れる商品やサービス

青色は「知的、信頼」などを連想させる色です。
青色を導入するべき商品やサービスは「教育」「ビジネス」関連を売りたい時にオススメです。
青色を導入する事で無意識に信頼や知的なものと連想します。
食品系の商品やサービスには青色は逆効果です。
また衝動買いさせたい場合などは、消費者を冷静に判断させる色でもあるので効果的ではありません。

 

緑色を導入すれば売れる商品やサービス

緑色は「環境、自然」などを連想させる色です。
緑色を導入するべき商品やサービスは「リサイクル」「手作り」関連を売りたい時にオススメです。
緑色を導入する事で「環境に良さそう」「優しさ」を無意識に連想します。

 

オレンジ色を導入すれば売れる商品やサービス

オレンジに色は「親しみやすさ、連携(チーム)」を連想させる色です。
オレンジ色を導入するべき商品やサービスは「コミュニティサービス」「会員制サービス」にオススメです。
食品サービスもオススメができます。

 

紫色を導入すれば売れる商品やサービス

紫色は「スピリチュアル、神秘、不思議」を連想させる色です。
紫色を導入するべき商品やサービスは「占い」「開運」関連にオススメです。
紫色にはスピリチュアルなもの(論理的ではないもの)を連想させるのでビジネス系や食品系には不向きと言えます。

 

黒色を導入すれば売れる商品やサービス

黒色は「重厚感、高級感」を連想させる色です。
黒色を導入するべき商品やサービスは「高額商品」「高所得者向けサービス」にオススメです。
比較的、平均よりも高額な商品には黒色は向いている色です。
食品などの身体に摂取する商品などは不向きです。

 

カラーマーケティングを導入するだけで売上は変わる

商品やサービス、またサイトのカラーを変えるだけで売上を上げる効果もあるカラーマーケティング。
今まで無意識に使っていた色が、実は無意識的に消費者の意欲を下げている可能性もあります。
商品を作る時、商品やサービスを売る時、サイトを構築する時などはこのカラーマーケティングを導入してみてください。

 

Follow me!