「良い商品、良いサービスなのに売れない」その理由とは?

ロイドでは多くの企業からマーケティングに関するお問い合わせやご相談を頂きます。
その中で、本当によく相談されるのが、

「商品には自信がある。なのに売れないのはなぜか?」
「こんなに良いサービスはない。なのになぜ売れないのか分からない」

と言った相談です。
これらの質問には明確な回答が可能です。

 

商品の良し悪しはもはや問題ではない

商品は良い、サービスは良いと多くの企業が言っていますが、厳しいことを言うとこれは間違いです。
なぜ間違いなのか、2つ理由があります。

 

商品の良し悪しを決めるのは消費者

そもそも消費者の手に商品やサービスが届いていない時点で、商品やサービスの良し悪しは判断できません。
なぜなら商品やサービスの良し悪しを決めるのは販売者側ではなく、あくまで消費者なのですから。
販売前に「良い商品ができた!」と販売者側は思うでしょう。
しかし、その評価はしっかりと消費者にサービスや商品が行き渡っていないのであればその判断はまだ「仮定」でしかありません。
良い商品、良いサービスの判断を販売者側が決めるのではなく、消費者に判断を委ねていない時点で問題です。

 

良いは「当たり前」

良い商品である、良いサービスである、これは「当たり前」です。
粗悪な商品やサービスを、粗悪だと分かっているのに販売するのは害悪です。
今の時代、安くて良い商品やサービスはたくさんあります。
その安くて良い商品やサービスがある市場へリリースするわけですから、そもそも「良いもの」でなければ売ってはいけないのです。

 

絶対にやってはいけない施策

商品やサービスをリリース後に、計画通りに売れず焦る企業はたくさんあります。
その時に多くの企業が間違った施策を行います。
それは「割引」です。
商品やサービスを「売れないから」という理由で割引するのは絶対にやってはいけない施策です。

やっていい割引というのは、そもそもの戦略として「まずは使ってもらう」という理由があり、割引後の戦略がしっかり構築されている場合に限り「初回割引」は行っても良いと思います。
しかし、売れないからという理由で割引をしてしまうと、もう元の値段に戻すことは不可能になります。

近江商人十訓にもこのように言われています。
『正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ』

正規の値段は理由があって決められた値段のはずです。
必ず正規の値段を守るようにしましょう。

 

圧倒的な宣伝不足

それでは良い商品、良いサービスなのに「売れない」理由の答え合わせをしようと思います。
良い商品、良いサービスでも売れない理由。
それは『圧倒的な宣伝不足』です。

今の時代、良い商品、良いサービスは世の中にたくさんあります。
そんな時代に、リリースをすれば勝手に売れるなんてことはあり得ないのです。

良い商品、良いサービスなのであれば積極的に宣伝をしてユーザーに認知してもらう必要があります。
まずは認知をしてもらい、購入までのフローを設計しなければいけません。

商品やサービスを開発したのであれば「どう売るか」の戦略を構築しなければいけません。
どう売るか、それが「マーケティング」です。

これも近江商人十訓でこう書かれています。
『良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり』

オフラインでもいろいろな施策は可能だと思いますが、今であればインターネットを活用しない理由はありません。
インターネットを使ったマーケティングであれば、まずは弊社にご相談ください。

御社の商品やサービスをどう宣伝すれば良いのか、明確に回答させて頂きます。

 

Follow me!