アフィリエイトを導入し販促を拡大する

インターネット上で商品やサービスを宣伝する時、自社で広告を運用することも大切です。
さらに販促を拡大したい時に導入を検討した方が良いのが「アフィリエイト」です。

 

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは「インターネット上の広告代理店」のようなものです。
まず広告主はASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)と契約をし、商品やサービスの登録をします。
ASPと契約が完了すれば、そのASPに登録をしているアフィリエイターが商品やサービスをサイトやブログなどで紹介してくれる仕組みです。

アフィリエイターとはサイトやブログで商品やサービスを紹介し、アフィリエイターからの紹介で購入や申し込みなどの成果があがれば成果報酬を得る人のことです。

アフィリエイトとは

ASPと契約をし多くのアフィリエイターが商品やサービスを多方面で紹介してくれるので、露出が増え、成果の獲得はもちろん、認知度の向上にもつなげることができます。

 

アフィリエイト導入を検討した方が良い企業

以下の項目に当てはまる場合、アフィリエイトの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

●自社広告の運用に限界を感じている
●商品やサービスを広く認知してもらいたい
●業績を大きく上げたい
●インターネット上の販路を拡大したい

また、以下の場合はアフィリエイト導入はオススメできません。

○商品やサービスの提供数が少ない
○急拡大に対応できる組織や仕組みができていない

アフィリエイトを導入すると、うまくいけば商品購入やサービスの申し込みが急増する場合があります。
在庫数が少ない場合や、申し込みの急増に対応出来ない場合はアフィリエイトの導入はオススメできません。

 

アフィリエイト導入の注意

アフィリエイトは上手に使えば、非常に良い結果を出すことができます。
成果報酬なのでリスクも低く、ネット販路の拡大をする際にはぜひ活用をオススメしています。

しかし「アフィリエイトを導入すれば確実に売上が上がる」という簡単なものではありません。
ASPと契約をすれば、あとは勝手に商品やサービスを紹介して売上が上がるというものではありません。

 

アフィリエイト導入注意①

まず契約をするASPですが、ASPによって得意なジャンル、不得意なジャンルがあります。
例えば美容系ECが得意なASPもあれば、金融系の案件が得意なASPもあります。
闇雲にASPと契約をするのではなく、自社の商品やサービスを得意としてくれるASPがどこなのか選定する必要があります。

 

アフィリエイト導入注意②

ASPと契約をすれば、あとは勝手にアフィリエイターが商品やサービスを紹介してくれるという考えではアフィリエイトを導入しても良い結果を出すことは期待できません。
ASPと契約をした後に、アフィリエイターに積極的に自社の商品やサービスを紹介してもらえるように誘致活動をするべきです。
またASPにも積極的にアフィリエイターに案内を流してもらうことも重要です。

 

アフィリエイト導入の相談は無料です

アフィリエイトの導入を検討しているが、まず何をしなければいけないのか、どこのASPが良いのか、アフィリエイターの誘致方法が分からない、などアフィリエイト導入を検討されている企業様はまずは無料でご相談ください。
もしかするとアフィリエイト導入よりも良い販促方法があるかもしれませんし、アフィリエイト導入のデメリットなどについても詳しくご説明させて頂きます。

➡︎無料相談はこちらから

 

Follow me!